西部防災工業株式会社
〒812-0041
福岡県福岡市博多区吉塚4丁目
16番3号
TEL.092-611-2228
FAX.092-611-0477

(1)避難器具の設備、販売
(2)消火装置・消火器
(3)自動火災報知設備
(4)その他消防・防災機器の設備,販売
(5)消防設備保守点検
(6)前号に附帯する一切の事業 
qrcode.png
http://seibu-bousai.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

消防用設備等点検

 

概要

概要
 
  消防用設備等を設置することが消防法で義務づけられている防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、その設置された消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告する義務があります。
 
そこで、防火対象物の規模や消防用設備等の内容により、火災発生時に人命危険の高い特定防火対象物等でその規模が大きい対象物については、消防設備士又は消防設備点検資格者に、その他の規模の小さい防火対象物については、防火管理者等に点検を行わせることとされています。
 
消 防用設備等はいつ火災が発生しても確実に機能を発揮するものでなければならないので、日頃の維持管理が充分に行われることが必要です。このため、消防法で は消防用設備等の点検・報告ばかりではなく、整備を含め適正な維持管理を行うことを防火対象物の関係者に義務づけています。 (法第17条の3の3) 
 

有資格者による点検が必要な建物

有資格者による点検が必要な建物
 
1.延べ面積1000㎡以上の特定防火対象物
 社会福祉施設等(6) 飲食店(3) 百貨店(4) ホテル(5)
2.延べ面積1000㎡以上の非特定防火対象物で、消防長または消防署長が指定するもの
 
 小学校 中学校(7) 工場(12) 共同住宅(5) 神社(11)
3.屋内階段(避難経路)が1つの特定防火対象物
※上記以外の防火対象物
  防火管理者などの関係者が点検できますが、確実な点検を
  行うために、消防設備士に点検を依頼することが望まれます。
 

点検期間

点検期間
 
 
 機器点検(6ヶ月に1回) 総合点検(1年に1回)
 

報告期間

報告期間
 
 
 【特定防火対象物】   【非特定防火対象物】
  報告の義務:1年に1回    報告の義務:3年に1回
 

点検報告の流れ

点検報告の流れ
 
1.点検依頼
 お客様から依頼を受け、点検見積を作成する為に建物に設置されている
 消防用設備の種類や数量を確認に伺います。
 この時、竣工図や消防関係提出書類があればより正確に見積りができます。
     
2.打ち合わせ
 点検の日程調整、作業内容(点検工程とその流れ)の説明、
 ご要望があれば、点検案内の作成及び掲示まで致します。
     
3.点検実施
 消防設備士他各種資格を持つ専門技術者が、いざという時、実際に使用
 することが可能かどうか点検を行います。 
     
 
   
 
 4.点検済ラベルの貼り付け
 点検済表示制度に、消防法に基づく適正な点検が行われた証として、
 点検ラベルを貼り付けます。
   
 5.点検報告
 点検した結果をまとめ、報告書を作成致します。
 点検で不良箇所等が発見された場合、その改善案を御相談の上、
 見積り・改修工事を行います。
 
 

点検

点検
 
   
   
6.消防署届出
 点検報告書を所轄の消防長又は消防署長に代行して提出致します。
     
<<西部防災工業株式会社>> 〒812-0041 福岡県福岡市博多区吉塚4丁目16番3号 TEL:092-611-2228 FAX:092-611-0477