本文へ移動
緩降機
緩降機について
緩降機は使用者の自重により、自動的に安全な降下速度に調整され地上に降下できます。
地上に降下していくと、もうひとつの着用ベルトがつるべ式に上昇し、連続で交互に避難することが可能です。

調速機、調速機の連結部、ロープ、着用具、ロープと着用具を接続する緊結金具で構成されたもので、常時取付具に本機が接続されている固定式と、使用時に本機を取付具に取り付けて使用する可搬式があります。
緩降機の技術上の規格を定める省令(平成6年 自治省令第2号)で構造、機能に関する基準が定められており、検定対象品です。
設置工事
避難器具の工事及び整備を行えるのは、消防設備士甲種5類の有資格者のみです。
当社では、消防設備士の資格を持ったスタッフが、お客様の図面・現地建物を拝見し、適切な位置へ取り付け施工を行います。
設置工事
設置工事
設置工事
1964年創業以来、培ってきた経験や知識、施工実績をいかし、皆さまの安全と安心をサポートいたします。
避難器具の設置や取り替えなどは当社へお任せください。
※ 消防設備士甲種5類の他に、あと施工アンカー技術者認定資格登録証を保有しています。
緩降機
緩降機
使用者の自重により、自動的に一定の速度で降下できる避難器具です。
※「特定一階段等防火対象物」用、一動作対応型の緩降機もあります。
※ 特定一階段等防火対象物への避難器具は、一動作式避難器具の設置が必要となります。
一動作式緩降機(B-1N)
一動作式緩降機(B-1N)
緩降機の各部位
緩降機の各部位
緩降機使用方法
降下試験の様子
緩降機 降下試験写真
緩降機 降下試験写真
緩降機 降下試験写真
緩降機 降下試験写真
 認定・評定ラベル
認定・評定ラベル
国家検定品 型式承認番号 降第6~1号(可搬式)
国家検定品 型式承認番号 降第6~2号(固定式)
緩降機 取り扱い製品
緩降機 施工例
主な仕入先
TOPへ戻る